お酒

【2022年GW特別版 特賞はドミナス】エノテカのトレジャーハンティング開封結果報告!

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

2022年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

僕は家族サービスをしつつ、最近ビールにハマっているので、勉強という名目で昼からビールを楽しむ毎日を送っていました。

さて、今回はエノテカ恒例のトレジャーハンティング開封結果報告です!

ゴールデンウィークに合わせて、エノテカさんが企画してくれました。

新年だと1万円コースがあったりしますが、今回は3,000円コースのみ。

楽天市場でポイント獲得しつつ、赤の3,000円コースを2本注文してみました。

これまでのトレジャーハンティング開封の様子はこちら。


【2021年最初の運試し】毎年恒例エノテカのトレジャーハンティングを開封!

こんにちは、Kokage(こかげ)です。 普段まったく福袋は買わないのですが、毎年唯一買うと決めているものがあります。 それは、エノテカで開催されるトレジャーハンティング。 トレジャーハンティングとは ...

到着

トレジャーハンティングは、始まるといつもすぐにオーダーするのですが、今回はあえて少し時間を置いてから注文してみました。

何の意味もなさそうですが、果たしてこれが吉とでるのか凶とでるのか。

クリーム色の箱にエノテカのステッカーで封をしているこの風景、もはや懐かしさを覚えるレベルです。

それでは1箱目を開封

当たりが引けると信じて、まずは1箱目を開けていきます。



おっ…この王冠にダイヤが2つ並んだようなロゴ、見覚えがあるぞ…。

1箱目に入っていたのは、「ヴィラ・アンティノリ・キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ 2016年」でした。

価格はエノテカで4,950円(税込)となっています。

生産地はイタリアのトスカーナ。サンジョヴェーゼを主体とし、いくつかの補助品種をブレンドしています。

ちなみに今回当たった年ではないですが、2018年ヴィンテージがサクラアワード2022にてダブルゴールドを受賞しているそうです。

記憶が若干曖昧なのですが、このワインはまだ飲んだことがないので、飲むのが楽しみです。

2箱目の中身は?

さて、2箱目に参りましょう。

1万円くらいのワインが当たると嬉しいのですが…!



お、これは…。当たりかわからないけど、飲んだことなさそうな気配。

2箱目に入っていたのは、「サン・ポーロ ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2018年」でした。

イタリアのワインといえば、バローロやバルバレスコ、そしてブルネッロ・ディ・モンタルチーノが有名です。

今回当たったロッソ・ディ・モンタルチーノは、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの弟的存在で、ブルネッロと比べて熟成期間が短い(最低1年熟成)ことが特徴だそう。

価格はこちらも、エノテカで4,950円(税込)となっています。

他のラインナップは?

今回は残念ながら、全ラインナップの中で下の方の2本が当たってしまいました。

他にどんなものがラインナップされていたかというと、特賞のドミナスを筆頭に、サッシカイアやオクシデンタルなど…。

4等はイタリアワインが多いですが、3等以上になるとフランスやアメリカのワインが多くなりますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

エノテカのトレジャーハンティングは毎回楽しいですね!

次回開催時もぜひ購入したいと思うので、購入しましたら開封結果をご報告したいと思います。

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-お酒

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5