お酒

【カルディのワイン福袋】WINE福BOXを2箱買ったので開封してみる

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

毎年、エノテカでワインの福袋(通称:トレジャーハンティング)を購入するのがルーティンなのですが、今年は初めてカルディのワイン福袋にも手を出してみました。

その名も「WINE福BOX」。福ボックスって聞き慣れない単語ですね笑

今回は2箱買ってみたので、どんなものが当たったかお付き合いください。

WINE福BOXの概要

WINE福BOXは、カルディの各店舗またはオンラインストアで購入できます。

価格は1箱2,200円(税込)となっており、2022年1月1日から順次発売しています。

僕が行った店舗でも、目立つところで大々的に売り出していたので、見落とすことはないかなと思います。

WINE福BOXの当たりは、誰もがご存知のシャンパン「ドン・ペリニヨン」

2,200円の投資で、もしかしたら約2万円のシャンパンが当たるかもしれないので、夢がありますね!

他にもミケーレ・キアルロ社のバローロや、ヴーヴクリコなどもラインナップに含まれるので、何が当たるかドキドキします。

最低でも3,000円以上のワインは入っていますので、外れたらデイリーワインとして楽しみましょう。

開封(1箱目)

それでは早速、まずは1箱目を開けていきたいと思います。

普通のワインボトルに比べると、シャンパンのボトルの方が分厚くて重いような気がするので、色々持ち比べて重かったやつを買ってきました。

Kokage
僕と同じように、ずっと店頭で箱を持っては下ろして、重さを比べている方がいました笑

さて、何が当たるか…。

正月から美味しいドン・ペリニヨンを飲みたい…!









残念、ハズレでした…笑

これは、「ミラム・プリオラーティ イニシ」というスペインのワインだそうです。参考上代は3,000円とのこと。

公式ホームページによると、以下のような説明がありました。

美しく輝く紫色を帯びた濃いガーネット色。赤系果実やプラムの凝縮した香りに、ビターチョコ、バニラ、黒コショウなどの洗練された優美な香り。

シルキーな口当たりで、熟したプラムを想わせる滑らかでグラマーな味わい、エレガントな酸味、タンニンが長く続くパーフェクトな1本。

使われている品種は、グルナッシュ(55%)やカリニャン(15%)が主体のようなので、南フランスとかスペインでよく見かける組み合わせですね。

開封(2箱目)

1箱目は外れてしまいましたが、僕にはもう1箱あります。次こそ大物を狙います。

ドン・ペリニヨンとは言わないので、何かシャンパンが欲しい…!

さあ、来い来い!








あれ、これは…!









まさかの同じやつ!笑

…60セットあるうちの10本はこれが入っているそうなんですが、まさか同じものを引くとは思いませんでした。

重いものを選ぶ作戦が裏目に出たでしょうか…笑

とはいえ楽しいので、新年の運試しに皆さんもぜひ

同じワインが2本手に入るとは思いもしませんでしたが、新年からワクワクできて良かったです。

エノテカのトレジャーハンティングだと、最低でも5,000円は必要ですが、カルディは2,000円から参加できるので、普段あまり買わない人にもおすすめです。

また、ワイン福袋の良いところは、普段自分が選ばないワインに出会えることです!

僕も今回当たったワインは、福袋を買わなければ、単体で買うことはなかったと思うので、どんなワインなのか今から楽しみです。

※エノテカの福袋(トレジャーハンティング)開封の様子はこちらから

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-お酒

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5