お出かけ 子育て

【有明エリアの穴場スポット】武蔵野大学キャンパスにあるロハスカフェで子連れランチ

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

休日に子連れで出かけると、ららぽーと豊洲や有明ガーデンなどショッピングセンターが便利で、つい同じような休日を過ごしてしまいます。

でもいつも似たような過ごし方はつまらないと思ったので、久しぶりにお店の開拓をしてみました。

以前から気になっていた、「ロハスカフェARIAKE」に行ってきましたので、様子をまとめたいと思います。

ロハスカフェARIAKE

ロハスカフェARIAKE(以下:ロハスカフェ)は、武蔵野大学有明キャンパス内にあります。

大学生にとって学食的な役割も果たしているのだと思いますが、一般開放されているので、大学生でなくても利用することができます。

到着したら正門を抜けて、左に曲がり3号館を目指しましょう。

この自動ドアを抜けると、すぐにロハスカフェが見えてきます。

今回行った場所

ロハスカフェARIAKE
住所:東京都江東区有明3-3-3 武蔵野大学有明キャンパス低層棟3号館2F
アクセス:ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」より徒歩6分
営業時間:11:00〜19:00 (18:00 LO)
ホームページ:https://lohascafe-ariake.net/
Instagram:@lohascafeariake


中はとてもおしゃれな空間

お店の中はとてもおしゃれな空間になっていて、武蔵野大学の生徒さんが羨ましくなりました笑

この内装を活かして、レンタルスペースとして提供することもあるそうですよ。

席は店内だけでなく、テラス席も用意されています。

お台場が目の前なので、テラスから観覧車も見えますね。

子連れにも優しい

ロハスカフェは大学内のカフェですが、子連れにも優しい配慮があります。

子ども向けの椅子や、プラスチックのお皿にカトラリー…。

コップも蓋をすることができて、こぼしにくくなっていました!

何を食べようか

ロハスカフェは、食券で注文し、料理ができると音声でカウンターまで呼ばれる仕組みになっています。

食券機は、現金以外にクレジットカード、電子マネーが使えました。

何を食べるか迷いましたが、パスタが「生パスタ」を使っていると聞いていたので、パスタとお肉の料理にしました。

それとオリジナルのにんじんジュースもあるそうなので、一緒にオーダー。全部で2,100円でした。

美味しそうな料理が出てきた!

まずは、国産鶏ムネ肉のハーブグリルプレート。

ムネ肉なのでヘルシーでしたが、ローズマリーの良い香りがして、白ワインが欲しくなるような味でした。

そして、こちらは生パスタを使ったポモドーロ。生パスタ特有のモチモチした食感と、トマトの風味が最高でした。

にんじんジュースは、自然な甘さでした。身体に良さそう。

ちなみに余談ですが、ロハスカフェではお水以外に炭酸水も無料で提供していました。

食事の時によく炭酸水を飲むので、このサービスは地味に嬉しかったです。

食後は周辺をお散歩

ロハスカフェを出ると、椅子がたくさん広いエリアがありました。

ここはフードコートらしく、松屋があるそうです。

外にでてお台場方面へ向かうと、外から見たロハスカフェが。街の雰囲気にも馴染んでいますね。

まとめ

久しぶりのお店開拓でしたが、新しいお店に行くのはやはりワクワクして楽しいですね。

食後はお台場までお散歩できるので、充実した休日が過ごせました。

ロハスカフェは食事も美味しかったですし、子連れでも過ごしやすい配慮がされていたので、また天気の良い日に訪れたいと思います。

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-お出かけ, 子育て

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5