お出かけ 子育て

【贅沢な休日の過ごし方】グランドニッコー東京 台場のエグゼグティブフロアでゆったり子連れステイ

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

先日お台場にあるグランドニッコー東京 台場に宿泊しました。

グランドニッコー東京 台場は都内にあるホテルの中でも大好きなホテルで、セールの機会があると「安くなってるかな?」と毎回必ず調べてしまいます。

今回、楽天スーパーSALEを使い37%OFFで宿泊することができたので、レポートしたいと思います。

僕と妻、長女(3歳)と長男(1歳)の計4名での宿泊です。

今回行った場所

グランドニッコー東京 台場
住所:東京都港区台場2-6-1
アクセス:ゆりかもめ「台場駅」直結
ホームページ:https://www.tokyo.grandnikko.com/
Instagram:@grandnikkotokyodaiba


まずはラウンジへ

グランドニッコー東京 台場に宿泊する際は、決まってエグゼクティブフロアを利用します。

というのもエグゼクティブフロアへ宿泊すると、ラウンジが利用できるようになります。

このラウンジでゆったりと過ごすのが楽しみのひとつなんです!

到着した時間は、ティー&アフタヌーンティータイムでした。

ラウンジ内にもカウンターが用意されているため、ゆったりとチェックインを済ませ、軽食をいただくことに。

ケーキやドライフルーツ、ソフトドリンクなどが用意されていました。

このラウンジは時間帯によって提供されるものが変わります。

17時からはカクテルタイムということでアルコールの提供も始まるため、また後ほど来ることにしましょう。

お部屋へ

ラウンジでの軽食を済ませ、部屋に向かいました。

今回宿泊するのは、エグゼクティブフロアの中でもブリーズスタイルのスーペリアルーム。

いつもはクラシックで落ち着きのあるオーセンティックスタイルの部屋を選んでいたのですが、初めてブリーズスタイルにしてみました。

ブリーズスタイルはクラシックなデザインの中に、海(東京湾)をイメージした青色が使われた爽やかな色合いが特徴です。

エレベーターを降りると、まずフロア全体のデザインがとてもかわいく印象的でした。

部屋に入るとブリーズスタイル特有の青色が目をひきます。

今回特に眺望の希望はなかったのですが、窓を開けてみると船の科学館や東京国際クルーズターミナルが見えました。

他にも窓からは、羽田空港に離着陸をする飛行機、船、ゆりかもめ、車が全部見えたので、子どもたちは楽しそうでした。

夜になるとこんな風景で綺麗でしたよ。

事前にお願いをしていた補助便座やステップも用意いただいていました。

またエグゼクティブフロアに宿泊をすると、冷蔵庫に入っている飲み物はすべて無料で提供されます。飲みきれない場合は持ち帰りもOKなので、活用しましょう。

おまちかねのカクテルタイムへ

17時になったので、再度ラウンジへ向かいました。

ちなみに子連れの場合、18時までしかラウンジは利用できないため、気をつけましょう。

カクテルタイムに入って提供されるフードは、エスカベッシュやポテトサラダ、ハムにチーズなど、お酒のつまみになりそうなものが並びます。

お酒に関しても、ワインやビール、オリジナルカクテルなど、ラインナップ豊富です。

個人的に一押しなのが、タップマルシェと呼ばれるサーバーから、クラフトビールを注いで楽しむことができる点です。

ビールサーバーがあるラウンジは他にもありますが、クラフトビールをサーバーから楽しめるラウンジはなかなかないですよね。

今回は3種類のクラフトビールが用意されていましたが、味わいにどれも特徴があり、つい飲み過ぎてしまいました。

晩ごはんにはさすがにちょっと足りないので、このあと家族を連れてお台場の方で晩ごはんの続きを楽しみました。

せっかくなのでナイトキャップも

子どもたちを寝かしつけたあと、せっかくなので20時から開催されるナイトキャップも覗いてみました。

何か特別なものがあるのかなと思ったのですが、必要最低限のフードとドリンクがあるのみで、利用されている方もあまりいませんでした。

30階で楽しむモーニング

翌朝、まずは30階にあるレストランへ向かいました。

朝食は7時からなのですが、子どもたちは6時に起きていたので7時前にはレストラン前で並ぶことに。

すでに何組か待っていましたが、早く並んでいたことでスムーズに入ることができました。

グランドニッコー東京 台場のモーニングはメインをメニューから選び、他はビュッフェで取ってくるというスタイルです。

僕は洋食プレートの燻製ベーコンとオムレツ。妻は和定食を頼むことに。

昔に比べると、ビュッフェの数はだいぶ控えめになった気がします。

味はどれも美味しいですよ。生メロンジュースはぜひ一度ご賞味ください。

30階ということで眺めがいいのも特徴ですね。とても気持ちの良い時間が過ごせました。

レストランを出る頃には朝8時前後になっていたと思うのですが、席が埋まっていて待機列ができていたので、早めに来ることをおすすめします。

ビューラウンジへ立ち寄り

せっかくなのでチェックアウト前に、ビューラウンジにも行ってみることに。

このビューラウンジもラウンジ同様、エグゼクティブフロアもしくはスイートに宿泊している人のみが利用できるものになります。

場所は27階にあります。入室にあたってカードキーが必要になるので、忘れずに持っていきましょう。

ビューラウンジは何か特別なものがあるわけではないのですが、コーヒーマシンが置いてあるので、外の風景を眺めながらゆっくりと過ごすことができます。

夜は20時まで開いているそうなので、夜景を楽しみに来るのもいいかもしれないですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

週末に遠出をするのもいいですが、近場のホテルでちょっといい部屋に泊まるというのも、リフレッシュの方法としておすすめです。

特にグランドニッコー東京 台場は、駅からのアクセスも良く、ホテル自体の雰囲気も落ち着いていて素敵です。

さらにエグゼクティブフロアに宿泊すればラウンジも使えて優雅な気持ちになれますので、ぜひ週末のお出かけ先として検討してみてください。

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-お出かけ, 子育て

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5