お出かけ 子育て

前編【0歳と2歳を連れて】星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」へ2泊3日の子連れ旅行

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

子どもが多感な時期にも関わらず、どこにも出かけられなくて悶々としていたのですが、こないだ思い切って家族みんなでお出かけをしてきました。

訪れた場所は、星野リゾートが運営する「リゾナーレ八ヶ岳」。

宿泊の様子を前編・後編にわけて、お伝えしたいと思います。

後編はこちらから。

八ヶ岳以外に、リゾナーレ那須も検討中の方は、こちらもチェック!

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

八ヶ岳、というのは長野県から山梨県にまたがる山々の総称らしいです。てっきり特定の山を指しているのかと思っていました。

ホテルは山梨県にありまして、東京からは車や電車で行くことができます。

今回、我が家はJR中央本線特急に乗って、新宿から2時間ほどかけて小淵沢駅まで向かいました。大人からするとあっという間の距離ですが、子どもはとても暇そうでした…笑

小淵沢駅からはリゾナーレ八ヶ岳が用意している無料送迎バスを利用することもできますが、バスの出発時間と電車の到着時間が微妙に噛み合わず、行きはタクシーを使うことに。小淵沢駅から5分ほどで到着します。

今回行った場所

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
住所:山梨県北杜市小淵沢町129-1
アクセス:小淵沢駅より送迎バスにて5分
ホームページ:https://risonare.com/yatsugatake/

お部屋

今回はスタンダードトリプルという部屋に宿泊しました。

プラン内容は朝食付き、そしてベビーウェルカム。これはおしり拭きやオムツを入れるゴミ箱、ベビーベッドなど赤ちゃん連れのためのプランです。

また事前に2歳児がいることもお伝えしたところ、洗面台のステップや子ども用便座、知育おもちゃ等、2歳児も快適に過ごせるグッズを用意してくれました。

子どもがいるとただでさえ荷物が増えるので、ホテル側で色々準備をしてくれて助かりました。

部屋の広さは35平米で、大人2人子ども2人なら十分な広さでした。土足厳禁なので、子どもが部屋を素足でウロウロしても安心して見ていられます。

子どもと一緒にアクティビティへ!

荷物を置いて、子どもたちのオムツを替えたら事前に計画していたアクティビティを楽しみに行きます!

一緒にフルーツパフェを作ってみる

まずは、予約していた「マルサマルシェ クッキングスタジオ」へ。こちらでは子どもと一緒にスイーツ作りを体験できます。

今回は2歳の長女と一緒にパフェを作ってみることにしました。子どもと一緒にフルーツを切ったり飾ったり、ホイップクリームを乗せたり…と、普段なかなかできない体験に嬉しそうでした。

一緒にプールで泳いでみる

じつは今年にはいってまだ一度もプールや海に行っていなかった長女。

リゾナーレ八ヶ岳には、「イルマーレ」という屋内プールも併設されていて、今回の滞在の目的のひとつでもありました。

GoProを持って子どもと入ってみましたが、波の出るプールやキッズエリアなど、子どもが楽しめるコーナーが充実!

よっぽど楽しかったのか、イルマーレには2日連続で遊びに来ることになります笑

雨が降ったときのリカバリープランになるので、プールが併設されているのはちょっと安心しますよね。

ちなみにプールで疲れたのか、夜は普段よりもぐっすり寝てくれました。

ピーマン通りを歩いてみる

リゾナーレ八ヶ岳には「ピーマン通り」と呼ばれる通りがあり、ここがメインストリートになります。

レストランやショップが軒を連ね、アクティビティの合間にウィンドウショッピングを楽しめるエリアです。

訪れたシーズンが梅雨時期ということもあり、雨を楽しもう!というコンセプトで「八ヶ岳ふれふれスカイ」というイベントが開催されていました。

全長150メートルのピーマン通りに、1,000個以上のカラフルな「ふれふれ坊主」や、中に入って雨音を楽しむ「レイニードーム」が設置されていて映えスポットに!

滞在中も何度か雨は降りましたが、このように雨も楽しめるイベントが開催されていると、雨も苦じゃなくなりますね。

晩ごはんを探しに行く

イルマーレでたくさん遊んだこともあり、気づけばもう夕方です。

初日はどこも予約していなかったので、お店でテイクアウトして部屋で食べることにしました。

ピーマン通りを歩いてみて、この「VINOTECA(ヴィノテカ)」さんの料理をテイクアウトすることに。

2人前のお部屋ごはんセットをいただきました。セット内容は、「おつまみプレート」「ペンネ・ボロネーゼ」「牛フィレ肉のグリル」「飲みもの2杯」。

7,000円は少し高いかなと思いましたが、場所が場所なのでしょうがないですね。焼き野菜がとても美味しかったです!

少しだけ大人の時間も

子ども2人が寝付いたところで、妻と交代しながら、少しだけ大人の時間も確保することにしました。

まずは、温浴施設の「もくもく湯」へ

「もくもく湯」は宿泊者のみ使うことができる温浴施設です。

客室から少し離れた森のほうにあり、通常の内湯の他に、森に包まれた露天風呂も用意されています。

露天風呂エリアは混浴ではあるのですが、専用の混浴着があるので異性とバッティングしても大丈夫です。とはいえ混浴着の下は裸なので、少し変な感じはしますが…。

雨の日は行きも帰りも濡れるので、湯冷めしないように気をつけましょう。また足元も暗い箇所があるので、転ばないように。

山梨・長野県産のワインを楽しむ

お風呂で体がすっきりしたあとは、「八ヶ岳ワインハウス」で僕の大好きなワインを楽しむことにしました。

ここはenomatic社のワインサーバーを置いていて、24種類のワインを自分の好きな量だけ飲むことができます。

enomatic社のワインサーバーは都内でもたまに見かけますが、ワインを抽出するたびに窒素ガスをワインボトルに充填させて、抜栓後のワインの酸化を防げるスグレモノです。

この八ヶ岳ワインハウスは、結局この翌日も来るのですが、トータル5種類ほど飲んでみた結果、くらむぼんワインの「N カベルネ・ソーヴィニヨン」と、グランポレールの「長野古里 リースリング貴腐」が美味しかったです。特に貴腐ワインのほうは2日連続で飲んでしまいました。

貴腐ワインということで、お値段も10mlで600円、25mlで1,500円とかなり高級ですが、1日を締めるのにピッタリな高貴な味わいですので、もしご興味あればお試しください。

(ちなみにボトルで買うと、1本37,000円だそうです。高級!)

さて、初日はここで終わりとなります。

2日目と最終日の様子は後編へ続きます。

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-お出かけ, 子育て

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5