その他

【具なしで490円!】九州人が一蘭の高級カップラーメンを実食レビュー

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

ネットニュースなどで話題になっていましたが、とんこつラーメンの人気店「一蘭」のカップラーメンが発売されました

一蘭というと、仕切りのあるカウンター席や、声を出さずにオーダーできる方式、そして何より美味しいとんこつラーメンで有名です。

九州出身の僕は、福岡県の博多に遊びに行ったとき、必ずといっていいほど一蘭を食べに行っていました。

そんな一蘭のカップラーメンがついに発売される!一蘭に馴染みのある九州人としては絶対に食べてみたい!

事前情報では、構想から商品化までなんと20年以上!

カップラーメンの中身は麺とスープのみ、そして価格は490円とのこと。いろいろぶっ飛んでます。

ちなみに僕の中でのベスト・オブ・カップラーメンは、セブンイレブンに売っている「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(216円)なのですが、果たして一蘭のカップラーメンの実力は…?

まずは外観をじっくり

発売日になり、コンビニを何店舗かまわって、やっと手に入れました。

パッケージには「一蘭」と大きく書いてあり、側面には馴染みのあるロゴもプリントされています。

今まで具なしって表記みたことない

冒頭にも触れましたが、一蘭のカップラーメンはネギやチャーシューなど具が入っていません。麺とスープのみです。

いろいろカップラーメンは食べましたが、こんな注意書き、今まで見たことありません。

ちなみによく見てみると、バーコードは一蘭のカウンターをイメージしているようです。ちょっとした遊びゴコロが可愛い。

いよいよ、作ります

まずは作り方を確認。特に難しい作業はなさそうです。

まずは小袋を取り出す

フタを開けると、A・B・Cの小袋が入っていますので、すべて取り出します。

お湯を注いで4分待つ

ここではどの小袋も開けずに置いておき、麺にお湯を注ぎましょう。用意するお湯の量は440mlです。

お湯を注いだら4分待ちます。待っている間、Bの袋をフタの上に置いて温めましょう。

4分経ったら、A→B→Cの順で入れていく

4分経ったので、フタを開けます。

まだ何も小袋を入れていない状態はこんな感じ。

A→B→Cの順番で入れる必要があるので、それぞれ入れていきます。ちなみにCは秘伝のたれが入っているので、辛いのが苦手な方は調整しましょう。

Aを入れた時点で、すでに美味しそうなとんこつラーメンの香りが!

完成!

AとBを入れて混ぜ、Cの秘伝のたれをお店と同じように真ん中に乗せたら完成!

具がないのでビジュアル的に寂しい気もしますが、いい香りはしています。さっそく食べてみましょう。

実食

まずはスープから。

少しカップラーメン特有の粉っぽい感じがしますが、かなり一蘭の再現度は高い気がします。

とても美味しいです

そして麺。

プルンっとしていて、舌触りは良いです!

ただ食感は少し柔らかめで、やや期待はずれでした。

硬めが好きな人は、別に4分待たなくてもいい気がします

あと全体のボリュームはけっこう物足りないですね…。実店舗でも替え玉前提の量になっていると思うので、もう少しカップラーメンは量が欲しいところ…。

総評

わくわくしながら食べ始めましたが、麺の硬さと量でテンションが下がってしまいました

硬めが好きな人は何分とか、一緒に書いておいてくれるとユーザーフレンドリーですね。

ただ、スープはかなり美味しくて、後半そこで気分が回復しました笑

蒙古タンメン中本のカップラーメンは、お店の味とは全く別物ですが、この一蘭のカップラーメンはお店の味の延長線にあると思います。

再現度でいうとかなり高かったので、一蘭を食べたいけどお店には行けない状況のときに、このカップラーメンを選んでみると良いのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-その他

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5