ガジェット リモートワーク

【外資系IT企業社員】リモートワークのデスク環境が整ったので公開する

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

リモートワークが本格的に始まって、もう1年以上が経過。

朝起きて子どもを保育園に連れていき、家に戻って仕事をはじめるスタイルもだいぶ慣れてきました。

家のデスクは毎日仕事をする場所なので、快適な環境を求めてあれこれ買い揃えてきましたが、1年かけてだいぶ整ってきました。

そこで一度、いまのデスク環境を公開したいと思います。

デスクツアー

これが僕のいまのデスク。

現在フルリモートなので、ほぼ毎日ここで過ごしています。

それでは、写真に見えている各アイテムをご紹介していきますね。

デスク

デスクは、Creemaで良さげなクリエイターさんを探し、希望のサイズでオーダーメイドしました。(¥25,000で制作)

素材はカラマツの無垢材を使用。

サイズは、W120*D65*H70なのですが、もし次買うときはもう一回り大きくてもいいかなと思っています。

ディスプレイ

ディスプレイはLGの27型4K液晶ディスプレイを使っています。(型番は27UL550-W)

もともと付属のスタンドを使っていましたが、デスクを広く使いたかったので、エルゴトロンのMXVというモニターアームを付けました。

決して安くないので、最初は不要かもと思いながら購入したのですが、スタンドがなくなったことでデスクがすっきりしましたし、簡単に上下の移動もできるので、買ってよかったアイテムです。

チェア

チェアは、ハーマンミラーのアーロンチェア ポスチャーフィットを使っています。

かなりの時間座るので、ここはある程度の予算を使っても良いものを買おうと思っていました。

むかし在籍していた会社でリープチェアを使っていたので、それにしようかと思いましたが、ミーハーなので「ここは、王道のアーロンチェアだろ」と勢いのまま購入に至っています…笑

WEBカメラ

最初はMacBook Proのインカメラを使用していましたが、クラムシェルモードでの仕事に憧れ、まず第一歩としてWEBカメラを購入することに。

ロジクールなど有名メーカーも選択肢にありましたが、クラムシェルモードの環境を整えるのに何かとコストがかさみそうだったので、コスパに優れていると有名だった、eMeetのC960というカメラをメルカリで購入。

カメラの画角が90°もあり、ちょっと広すぎるのがイマイチですが、バーチャル背景を設定して回避してます。

映像のクオリティは全く問題なく、噂通りコスパ抜群ですね。

キーボード&マウス

キーボードは、AppleのMagic Keyboard2を使用。

マウスは使わず、AppleのTrack Padを使っています。

カッコいいかなと思い、Magic Keyboard2はUS仕様にしているのですが、まー使いにくいですね笑

仕事とプライベートのMacBookがそれぞれJISキーボードなので、キーの配置やショートカットキーを頭の中で切り替えながらやっています。

US仕様にしてからタイポは増えたかもしれません。(でも、見た目がカッコいいから問題なし!)

USBハブ

電源の供給やHDMIケーブルの接続など、各ケーブルのハブを担っているのが、SatechiのV2モデルと呼ばれるUSBハブ

今はもっとスリムなものが出ているので、買い替えたい気もしますが、特に不便はないのでずっと使っています。

PCスタンド

クラムシェルモードで仕事をするようになったので、デスクではMacBookを開くことはなくなりました。

平置きしていても邪魔なので、MOFT-Uと呼ばれる縦置きできるスタンドを買って隅に立てています。

Amazonで縦置きスタンドを探すと色々出てきますが、金額的にもデザイン的にも、このMOFT-Uはもっと人気でていいんじゃないかなと。

ちなみに、MacBookの裏にもMOFTのLaptop Standという、ノートPCスタンドを貼り付けていますが、そのまま立て掛けられます。

このLaptop Standは、リビングやコワーキングスペースで仕事をしているときなど、少しでも目線を上げながら作業したいときに活躍しています。

普段、真正面にあるディスプレイを見ながら作業することに慣れていると、下を向いて作業するのが本当につらいんですよね。

イヤホン&ヘッドホン

以前までは、Jabraの85h Eliteというノイズキャンセリングヘッドホンを使っていました。

マイクも搭載しているので、そのままオンライン会議にも参加できるスグレモノ。

自分ではわからないですが、マイクの音質も良いみたいで、会議中に「そのマイクの音質いいですね!」と褒められました。

ただ、やはり長い時間ヘッドホンを付けていると、耳の周りが痛くなったり頭痛がしていたので、骨伝導イヤホンに切り替えることに。

いろいろ検討した結果、AfterShokzのAeropexというモデルを買ったのですが、これは本当にベストバイ!

軽くてラクだし、オンライン会議にも参加できるし、家族に話しかけられても反応できるし、何ならランニングにも使えるという本当に素晴らしいアイテムです。

逆に、Jabraのヘッドホンはコワーキングスペースで仕事をしているときなど、外の雑音を遮断したいときに使っています。

外で仕事をする際には、ノイズキャンセリングヘッドホンのほうが集中モードに入りやすいですね。

次に欲しいものは?

いかがだったでしょうか?

快適さを追い求めていたら、会社のデスク環境よりも良くなっているので、出社するスタイルに戻ったときに、果たしてオフィスのデスク環境に馴染めるのだろうかとやや不安ですが笑

当分リモートワークは続きそうなので、引き続き快適さを追い求めていきたいと思います。

ちなみに、いま僕が欲しいものはオットマン

試しに子どものオムツ袋(64枚入り)を2つ重ねてみたのですが、そこに足を置くととても快適で、可能性を感じています。

ちなみにオムツ袋だと周りがビニールなので、後半になると足が蒸れてちょっと厳しかったです。残念。

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-ガジェット, リモートワーク

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5