子育て

【ボーネルンドの夏おもちゃ】アクアプレイを2歳児と一緒にベランダで遊ぶ

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

引き続きのコロナの流行や、緊急事態宣言の発令などもあり、今年の夏もなかなか今まで通りには楽しめなさそうです。

特にゴールデンウィークや夏休みなど、長期の休暇時に子どもがいる家庭は過ごし方に悩むと思います。

我が家も同じ状況で、今年はどう過ごそうかなと思っていたのですが、ボーネルンドを訪れたときに面白そうなおもちゃを見つけたので、思わず衝動買いをしてしまいました。

スウェーデンのおもちゃ アクアプレイ

思わず買ってしまったのは、アクアプレイという水を使って遊べるおもちゃ。

ボーネルンドの公式サイトによると、浮力や水流など水にまつわる性質に触れながら、楽しく遊べるおもちゃとのこと。

「物が水に浮かぶ」「水の流れをつくる」「水の力で物を動かす」など、あそびを通して水の不思議や性質、科学を体験できます。

また、年齢の違う子ども達と一緒に遊べるので、役割意識やみんなで協力する力も育まれます。

これさえあれば、夏の暑い日も海や川、プールに行かなくても手軽に水に触れて涼むことができます。また、水深がそこまで深くならないので、大人の方も安心して、小さなお子さまと水遊びを楽しむことができます。

ー ボーネルンド公式HPより

ボーネルンドでもイチオシ商品なのか、いちばん目立つ場所にドーンとディスプレイしてありました。

アクアプレイには、アクアワールドやマウンテンレイクなど様々な種類があるのですが、今回はいちばんコンパクトなロックボックスというシリーズを購入。

さっそく家に持って帰って、子どもと遊んでみます!

外観

ロックボックスの最大の特徴は、コンパクトに折りたためるボックスタイプであること。

取っ手もあるので、持ち運びが簡単です。

アクアプレイの対象年齢は、3歳から7歳まで

そこそこ大きいので子ども2~3人で一緒に遊ぶこともできます。

組み立て

中を開けると、様々なパーツが入っているので、手順書に沿って組み立てたり、シールを貼っていきましょう。

ちなみに日本版には限定で、港で働く人が入っています。(でもボーネルンドのスタッフいわく、なぜかマウンテンレイクには入っていないそう…)

必要なパーツを取り付けて、ベランダに広げた様子がこちら。

大きさ的には、少し広めのお風呂場でも遊べる大きさだと思います。

アクアプレイには様々なギミックが用意されており、例えばこれは「クレーン」。船に荷物を積み込みます。

他には、水路内に水流を作るための「パドル」。

これは、船の道順を変えるための「ゲート」。

先ほど港で働く人をご紹介しましたが、他にカバの人形も同梱されています。

水を入れて遊んでみる

準備ができたので、水をいれていきます。

さっそく港で働く人を船に乗せて、水に浮かべてみました。

この状態でパドルを回すと、水流の向きに合わせてゆっくり進んでいきます。

クレーンで荷物を積み込んでみる

船が進む途中、クレーンに荷物をかけておいたので、子どもと一緒に積み込み作業をやってみました。

ちょっとコツが必要ですが、このように船の後ろに荷物を乗せて、船が水路を進んでいきます。

カナルロックシステム

アクアプレイの目玉の一つが、この「カナルロックシステム」

水位を調整することで、高低差がある水路を船が通れるようにする仕組みのことです。

アクアプレイでは、ポンプと水門を使って水位を調整し、船が通れるように工夫する必要があります。

最初、大人もやり方が全然わからなくて、この写真も状況も正しくないのですが、実際に遊ぶ際はこちらの動画をご参考ください。

うちの子どもは自由に遊んでいました

アクアプレイの基本的な遊び方をお伝えしてきましたが、我が家の子どもはそんな遊び方は無視して、自由に楽しんでいました。

まだ2歳なので、仕組みを理解するにはちょっと難しかったみたいですね。

こどもちゃれんじでもらったコップを持ってきて、バシャバシャと水をすくって乗り物にかけたり…。

港で働く人とカバさんが、一緒に乗っていたり…。自由ですね!笑

片付け方

ロックボックスは、先ほどもお伝えしたとおりコンパクトに収納できることが一番のメリットです。

他のアクアワールドやマウンテンレイクだと、そもそも大きくてパーツも多いことと、箱への収納になるので、ワンシーズン出しっぱなしの家庭も多いようですね。

ロックボックスの片付け方は少しだけコツがあって、そのまま片付けると底があいているので、パーツが出てきてしまいます。

この動画のように、付属のゲートでパーツが落ちてこない状態にしてから片付けるとキレイに収納できますよ。

外に出かけられない日の水遊びに最適!

いかがだったでしょうか?

ボーネルンドでも人気商品のようで、去年はすぐに在庫がなくなったそうです

ボーネルンドの公式サイトでも、以下のような注意書きがあるので、もし気になった方は早めに手に入れることをオススメします

こちらの商品は1注文につき1点ずつのご購入となります。

人気商品にて、できるだけ多くのお客様にご購入いただけますように、お一人での複数回のご注文はご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。

ー ボーネルンド公式HPより

遊び方次第では、他に水に浮かぶものを一緒に浮かべても楽しいと思いますし。

アクアプレイの仕組みがわかる子どもなら、1周するタイムを競うタイムアタックをしても面白いと思います!


  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-子育て

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5