お出かけ 子育て

【アトレ竹芝の新しい遊び場】キッズパーク&カフェ CULAFULに行ってきました!

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

お子さんがいる皆さんは、休日なにをしてお過ごしですか?

緊急事態宣言の影響で、動物園も水族館も営業していないので、休日の過ごし方にだいぶ影響が出ています

近くのショッピングモールに行くか、公園に行くかしているのですが、さすがに毎週のことで親も飽き気味。

でも一日中、家で過ごすのは親も子どももリラックスできないし…。

そんなときにFacebookの広告でたまたま見かけた施設があり、先日子どもを連れて行ってきました。

キッズパーク&カフェ CULAFUL(キュラフル)

今回、我が家が訪れたのが、キッズパーク&カフェ CULAFUL(キュラフル)

今回行った場所

キッズパーク&カフェ CULAFUL(キュラフル)
住所:東京都港区海岸1丁目10番45号シアター棟 アトレ竹芝2F
アクセス:浜松町駅から徒歩6分
対象年齢:1歳 〜 6歳
営業時間:11:00 ~ 19:00(最終入場18:00)
ホームページ: https://culaful.com/
Instagram: @culaful

場所はアトレ竹芝シアター棟の2階です。

大門駅、浜松町駅、竹芝駅からそれぞれ歩いていくことができます。

アトレ竹芝は2020年8月にオープンしたばかりということもあり、建物全体がキレイです。

劇団四季なんかもあるので、コロナが落ち着いたらきっと人手が増えるでしょうね!

外観

2階にあがると、ポップなテイストの入り口が見えてきます。

CULAFULは、キュラパーク・キッズルーム・キュラカフェの3つのエリアで構成されているのですが、どのエリアを利用するにもまずはこの入り口を通って受付をする必要があります。

利用料金

利用料金については、利用時間に応じて金額が設定されています。
平日と休日で異なるのですが、今回は休日にキュラパークを60分間、使うことにしました。

我が家の場合は、子ども(1人)1,900円、大人(2人)1,400円で、合計3,300円でした。
子どもには1ドリンクついてきますが、値段設定はちょっと高めかもしれないですね。

画像出典:CULAFUL公式HPより

チケットについては、基本的にWEBでの事前予約制です。

ただし当日行って、空きがあれば当日券を買うこともできます。予約と当日で料金に差はありません。

キュラパークで遊んでみよう

キュラパークは都心では味わうことのできない大自然がテーマ。

マウンテンエリア・フォレストエリア・シーエリア・ファームエリアと、自然をモチーフにしたエリアが広がっています。

マウンテンエリア

マウンテンエリアは登る・滑る・跳ねるなど、全身を使って遊ぶことができるエリアです。

山のような遊具で、思いっきり遊ぶことができます。

この遊具は滑り台・トランポリン・ボルダリング・トンネルなど、いろんな遊び方ができるようになっていて、子どもも楽しそうに遊んでいました。

ここの滑り台はスピードが出るので、大人の方は目を離さずにしてあげたほうが良いと思います。

またマウンテンエリアには、大きなパノラマスクリーンがあり、自然をテーマにした可愛い映像が投影されています。

スクリーンに映っている蝶を追いかけ回したりしていました。

フォレストエリア

左手に見えるのが、フォレストエリアです。

フォレストエリアは、大きなツリー型のアスレチックエリアになっています。

ネットになっているので、登ったり跳ねたりすることができます。床にはクッションも敷かれているので、安心して遊べますね。

うちの子どもには少し難しかったようで、フォレストエリアのもう1つの遊具、ピタゴラレールで遊んでいました。

これは壁に磁石でレールがついていて、自分で好きなように組み立てることができます。

シーエリアにあるボールを転がすと、ピタゴラスイッチのように転がっていきます。ボールがどう動くかを楽しんでいる様子でした。

シーエリア

シーエリアは、大きなボールプールが広がっています。

ボールの中にダイブしてみるもよし、ボールが柔らかいので投げてみるもよし、家や公園ではなかなかできない遊びが可能です。

大人が普通に歩くと、足つぼマッサージをされているような状態になってちょっと痛いのですが…笑

すり足で歩くと痛くないので、一緒に入った際はご参考ください。

ファームエリア

ファームエリアは、カフェも利用できるリラックスエリアです。

カフェだけではなく、絵本や知育玩具が揃ったライブラリーもあります。

少し遊ぶのに疲れたら、もともとセットに入っている1ドリンクをオーダーして、ここで休憩するのが良いですね。

カフェは床に座って飲食するスタイル。小さい子でもゆっくり一緒に食事ができます。

ただ我が家の場合はここで食べていると、絶対また隣にあるキュラパークに遊びに行くと言いだす未来が見えたので、今回は利用はしませんでした笑

その他エリア

荷物や靴に関しては、受付後にロッカールームを案内されるので、そちらに預け入れることができます。

靴下は滑り止めのある靴下か、裸足で遊ぶほうが良いと思います。特にマウンテンエリアは足元が滑りやすいので、普通の靴下は危険です

また、授乳が必要なお子さんもいると思いますが、授乳室も完備されているので安心して使えそうでした。

写真には撮ってないですが、子ども用のトイレもありました(ただしオムツの販売はないようです)。

CULAFULで遊んだ後は?

これは完全に個人的なおすすめになりますが、CULAFULで遊んだ後はアトレ1階にある「Bio c’ Bon(ビオセボン)」に行ってみるのはいかがでしょうか?

フランス発のオーガニック・スーパーマーケットで、都内にもまだあまり店舗が多くありません。珍しい商品も置いているので、竹芝に行った際は必ず立ち寄っていますよ。

さらに竹芝は、水辺の立地を活かし定期航路船が就航しています。

船に乗ってお台場や浅草に行くことができるので、もし時間がある場合は、これも子連れで乗ると楽しいアトラクションのひとつだと思います。

竹芝からお台場までであれば、大人1人700円くらいなので、イメージよりはお手頃かもしれません。

ぜひ竹芝で、お子さんと楽しい休日を過ごしてください。

※今回ご紹介した、キッズパーク&カフェ CULAFUL(キュラフル)はこちらから。

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-お出かけ, 子育て

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5