インテリア雑貨

【イタリアのおしゃれ歯磨き粉MARVIS】人気の7フレーバーをすべて紹介!

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

毎日使うものを少し良いものにすると、生活の豊かさを感じやすい気がします。

今回は、誰もが毎日使うであろう歯磨き粉についてご紹介します。

もともと特にこだわりがなく、ドラッグストアで買った適当な歯磨き粉を使っていました。

でも雑誌とかで紹介される高い歯磨き粉って何が違うんだろうと興味がわき、おしゃれ歯磨き粉の代名詞MARVIS(マービス)を買ってみたので7つのフレーバーごとにご紹介します。

MARVISとは?

MARVISはイタリア・フィレンツェ発のデンタルケアブランドです。

洗面所に置いてあっても絵になるおしゃれなパッケージと、ジャスミンやジンジャーなど珍しいフレーバーを展開している点が特徴です。

1本2,000円ほどするので、気軽に買える金額じゃないですが、今回は通常よりも小さいパッケージで7本セットになったお試し版を購入しています。

フレーバーを紹介

ここからは7つのフレーバーをそれぞれご紹介していきます。

あわせて僕の個人的なおすすめ度も載せていますので、ご購入の際の参考になれば幸いです。

クラシック ストロング・ミント

クラシック ストロング・ミント
おすすめ度:
クラシック ストロング・ミントは、パッケージからも想像つきますがペパーミントのフレーバーです。

これを使うと口の中がさっぱりするので、気持ちが良いです。いわゆる、歯磨き粉って感じですね。

ただ、このフレーバーであればMARVISじゃなくてもいいかなと思うので、僕の中ではおすすめ度はやや低めです。

ホワイト・ミント

ホワイト・ミント
おすすめ度:
ホワイト・ミントは、その名の通りホワイトング効果があり、歯の白さを取り戻してくれます。

MARVISのなかでも一番人気だそうですね。

ホワイトニング効果もさることながらフレーバーも良くて、口の中のさっぱり感でいうと、先ほどのクラシック ストロング・ミントよりも優れているように思います。

正直言うと、肝心のホワイトニング効果はまだ実感してないんですが、フレーバーが好きなのでおすすめ度が5になってます。

リコラス・ミント

リコラス・ミント
おすすめ度:
リコラス(リコリス)って知ってますか?

多年草の植物で、漢方とかでもよく使われる甘草の一種です。

根に含まれる成分には抗酸化作用や甘みがあり、古くからヨーロッパや北欧でハーブとして親しまれているそうです。

このリコラス・ミントも、口に含むとリコラスの甘さとハーブの香りがミックスされていて、口の中が不思議な体験。

パッケージは黒でラグジュアリーな感じですが、けっこう甘さが目立つので好き嫌いは少し分かれるかも?僕は好きです。

ジャスミン・ミント

ジャスミン・ミント
おすすめ度:
MARVISの中で、一番フレーバーの衝撃を受けたのがジャスミン・ミントです。

そもそもジャスミン味の歯磨き粉なんて聞いたことがなかったのですが、フタを開けて嗅いでみるとジャスミンティーの華やかな香りが!

実際に使ってみると口の中もなかなかさっぱりします。よく中華料理で、口の中の脂を落とすのにジャスミンティーが出てきたりしますけど、さっぱり具合はあの感じに近いですね。

ジンジャー・ミント

ジンジャー・ミント<
おすすめ度:
お茶続きですが、ジンジャー・ミントはジンジャーティーのようなフレーバーです。

ただ、口の中がさっぱりするかと言われると、他のフレーバーの方が体験は良くて。

何度使ってもあまり僕の記憶には残っていないフレーバーです…。すみません…。

アクアティック・ミント

アクアティック・ミント
おすすめ度:
今回のフレーバーのなかで、最もわかりやすく爽快感を感じられるのは、このアクアティック・ミントです。

海外のミントタブレットみたいなフレーバーで、わかりやすくクールで爽快です。

ただ、あえて「海外の」と書いてあるように、少し癖があるので、万人受けはしないと思います。僕も妻もあまり気に入っていません。

シナモン・ミント

シナモン・ミント
おすすめ度:
リコラス・ミントと同じくらい甘みを感じるのが、最後にご紹介するシナモン・ミントです。

シナモンの甘い香りと、そこに数種類のアロマをミックスしているそうで、これも他にはないMARVISならではのフレーバーに仕上がっています。

公式HPにも普通の歯磨き粉に飽きた方におすすめ!との謳い文句が書かれているくらいです。

もし1本どれかもらえるなら、2番目に紹介したホワイト・ミントか、このシナモン・ミントで悩みますね。

さっぱり派ならホワイト・ミント、甘党派ならシナモン・ミントをまず試してみましょう。

終わりに

MARVISの歯磨き粉
今回は、MARVISの歯磨き粉をご紹介してきました。いかがでしたか?

興味本位で買い揃えてみましたが、こんなに独創的なフレーバーの歯磨き粉があるんだと、新しい発見でした。

パッケージがおしゃれなので、贈答用にも使えるかもしれないですね。

取り扱いショップですが、東京だとコンランショップやエストネーション、あとロフトにもあるみたいです。ぜひ、お気に入りのフレーバーを探してみてください!

  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-インテリア雑貨

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5