インテリア雑貨 ガジェット

【インテリア好きにも】IKEAの高コスパスピーカーENEBY(エネビー)をレビュー!

こんにちは、Kokage(こかげ)です。

僕はIKEAが好きでして、事あるごとにIKEAに遊びに行きます。

妻と付き合って間もない頃は家具を見ながら、もし同棲したらどんな部屋にする?みたいなデートをしたり。

結婚後は実際に買う家具を見に行ったり、子供が生まれてからは家具を見つつ、IKEAのレストランエリアで、家族全員で好きなものを選んで食べる時間がお気に入りです。

そんなIKEAで良い感じのスピーカーを見つけてきました。

実際に行って買ったのは2020年9月なので最近ではないですが、せっかくなので今回ご紹介します。

ENEBY(エネビー)Bluetoothスピーカー

僕が良いなと思って買ったのが、このENEBY(エネビー)Bluetoothスピーカー。価格は5,999円でした。

IKEA初のオーディオ製品で、部屋のインテリアを邪魔しないシンプルなデザインが特徴のスピーカーです。

外観

外観はいたってシンプル。

音量調節や電源オンオフができるダイヤルと、スピーカー2つで構成されています。
エネビーの外観

このENEBYには布製カバーが付属しており、取り付けたり外したりすることで、自分の部屋に合ったデザインで使用することが可能です。
布製カバーが付属しています

取り付けると北欧風のソフトなイメージに。

カバーを外すと、モダンでスタイリッシュなイメージになります。僕は布製カバーを外して使う方が好みです。

布製カバー有り
布製カバー無し

サイズは縦横20cmとコンパクトで、取っ手もあるため持ち運びにも便利です。

隣にGoogle Homeを置いてみましたが、コンパクトさが伝わるでしょうか?

この取っ手が不要な方は、付けずに使うこともできるので、お好みでカスタマイズしてください。

取っ手を外したあとに、凹みを埋めるパーツも付属しているので、完全な四角状態で使用することも可能です。

仕様

ENEBYを使うためには、後ろからコードをつなぎ電源を供給します。

また、別売りのバッテリーパックを買うとコンセントなしで好きな場所で使うこともできます。

本体底面のフタを開けると、バッテリー挿入口が出てきます。

ENEBYは別売りパーツが充実していることも特徴のひとつで、スタンドを付けたり、壁に取り付けたり、派手な布製カバーを付けたり、カスタマイズの幅が広いです。

操作は正面右上にあるダイヤルで行います。

ダイヤルを押すと電源オンオフ、回すと音量のボリューム調整ができる仕様です。

電源をオンにするとBluetooth一覧にENEBYが現れるので、接続しましょう。
ダイヤル

音質に関しては、特に可もなく不可もなくという感じです。

この20×20cmの場合は、アンプ出力は20Wとなっており、もう1サイズ大きい30×30cmでは42Wとなっています。

そもそも僕の場合は、作業中など静かな音量でBGMのように流すことが多いので、そこまで高音質を求めておらず、このスペックで十分だなと思っています。

最後に

ここまで書いて1つ重要なアナウンスなのですが、2021年1月時点で、IKEAのオンラインサイトでは、このENEBYは生産終了品となっているようです。

まだ在庫はあるようなので、もし気になった方はお早めに手に入れることをおすすめします。

最近のIKEAはオーディオに力を入れている印象で、Sonosとコラボしていたり、家具を売っているだけのお店から変わりつつありますね。

AmazonのEcho Studioも音質が良いと聞きますし、BOSEなどオーディオメーカーはライバルが増えて大変ですね…。

Kokage
このIKEAのENEBYですが、買って帰って部品を付けようとしたところ、六角ネジが潰れていて付属のレンチで回せないという事態に見舞われました。
カスタマーサポートに連絡して後日交換してもらいましたが、IKEA内でも聞いたことがないというケースだそうでした、災難です…。
  • この記事を書いた人

Kokage(こかげ)

ベンチャーや広告代理店を経て、いまは外資系企業で働くアラサー男子。プライベートでは妻と娘(3歳)息子(1歳)と楽しく暮らしています。このブログでは、自分が買ってよかったものを幅広くご紹介していきます。

-インテリア雑貨, ガジェット

© 2022 KokageBlog Powered by AFFINGER5